HOME > 行事とお知らせ

年中行事とお知らせ

平成26年の年中行事とお知らせ

7000匹の脂の乗った秋刀魚、全皿に東京べったら漬! 第二十一回・目黒のさんま祭り!!

平成27年度 浅草 酉の市

第21回 目黒のさんま祭り   暮れも近づく東京下町・浅草の鷲神社・長國寺にて、今年も酉の市が開催されております。界隈では何筋にも多くの露店がずらりと立ち並び、活気に満ちあふれ、その中でもべったら漬を売る露天はどこよりも威勢の良い声を張り上げておりました。前を通る人々に試食を振る舞っては、皆そのおいしさに笑顔をこぼし、普段は買えない一本のべったら漬を買って帰る人で賑わいました。
浅草酉の市は開運招福・商売繁盛を願う祭りとして鷲神社と長國寺にて江戸時代から開催される年中行事。神社とお寺が隣合わせの場所にあり、神様と仏様の御利益を同時にお願いできる珍しい場所です。縁起の良い熊手とべったら漬を手にした人々が三三七拍子の声に盛り上げられ、来年の福をかき込むかのように多くの人出の中を歩いていました。暮れの近づきを感じる下町の行事は夜通し執り行われます。   第21回 目黒のさんま祭り
※各画像はクリックで拡大します。
露店がぎっしりと並ぶ通り 新しい熊手を手に入れる人々 商売繁盛を祈って 三三七拍子の声が鳴り響く 店によって特徴の違う熊手 毎年同じ店で買う習わしも
露店がぎっしりと並ぶ通り
新しい熊手を手に入れる人々
商売繁盛を祈って
三三七拍子の声が鳴り響く
店によって特徴の違う熊手
毎年同じ店で買う習わしも

威勢の良いかけ声が飛び交う「日本橋べったら市」が今年も大盛況!!

 中央区大江戸まつり盆おどり大会は例年通りの盛況ぶり。べったら市露店も2日間大盛況!!

毎年10月19日、20日に開催される日本橋べったら市、今年も清々しい秋の風と晴天の下開催され大伝馬町界隈は多くの人が行き交いました。
べったら漬を売る露天の人たちの「べったら〜べったら、新高屋のべったら〜。良いところあるよ〜」と威勢の良いかけ声があちらこちらで飛び交い、試食を促された客はその歯触りと味に舌鼓。普段では変えない縁起の良いべったら漬一本を買うお客で露天前は賑わいました。

  平成27年度 日本橋べったら市
平成27年度 日本橋べったら市   江戸中期中頃から商業の神様「宝田恵比寿神社」を取り囲むように開催され、歴史のある「日本橋べったら市」、以前にも増して注目される催しとなり、テレビ取材のクルーもあちらこちらに。
運がべったりと付くと縁起の良い言われもあるべったら漬は、昭和天皇や第十五代将軍徳川慶喜公にも好物として食されました。美味な食材が豊富に揃う日本の秋に、東京の名産品である東京にいたか屋の東京べったら漬を是非ご賞味ください。
※各画像はクリックで拡大します。
寶田恵比寿神社前は 多くの人出で賑わいました 歩く人は皆見上げて驚く 宝田恵比寿神社前の大提灯 べったら漬の露天前を 威勢の良い御輿が練り歩く
寶田恵比寿神社前は
多くの人出で賑わいました
歩く人は皆見上げて驚く
宝田恵比寿神社前の大提灯
べったら漬の露天前を
威勢の良い御輿が練り歩く

立ちこめる煙は芳ばしい秋刀魚の香り! 第二十回・目黒のさんま祭り開催!!

立ちこめる煙は芳ばしい秋刀魚の香り! 第二十回・目黒のさんま祭り開催!!

立ちこめる煙は芳ばしい秋刀魚の香り! 第二十回・目黒のさんま祭り開催!!  

秋と言えば秋刀魚!! 今年も東京・目黒駅周辺での初秋の恒例行事「目黒のさんま祭り」が開催されました。例年通り東京にいたか屋では秋刀魚を配る列の最後で「東京すだちべったら漬」を振る舞いました。
いつにもまして大行列の並ぶ目黒通りは炭火で秋刀魚を焼く香ばしい煙が立ちこめ、今年は価格の高騰が叫ばれている秋刀魚ですが、例年通り岩手県宮古市をはじめとする各地域の食材協力をもって、盛大に振る舞われました。


脂の乗った秋の秋刀魚に東京べったら漬は相性抜群!! 徳島のすだちの香りも相まって、多くの人々が舌鼓を打つ様は東京の初秋の風物詩となりました。
花柳 章太郎(新派俳優故人)が詩に詠い、第十五代将軍徳川慶喜公や昭和天皇も好んで食したべったら漬。食欲の秋には、名脇役として「東京すだちべったら漬」を合わせてはいかがでしょうか!?
  立ちこめる煙は芳ばしい秋刀魚の香り! 第二十回・目黒のさんま祭り開催!!
※各画像はクリックで拡大します。
目黒通りは炭火で 秋刀魚を焼く活気で溢れる 徳島県は阿波踊りや 特産品を会場でPR 脂の乗った秋刀魚と 東京すだちべったら漬
目黒通りは炭火で
秋刀魚を焼く活気で溢れる
徳島県は阿波踊りや
特産品を会場でPR
脂の乗った秋刀魚と
東京すだちべったら漬

夏の恒例イベント中央区大江戸まつり盆踊り大会で「べったら音頭」が披露されました!

夏の恒例イベント中央区大江戸まつり盆踊り大会で「べったら音頭」が披露されました!

べったら〜市がはじまった〜♪ べったら音頭♪東京にいたか屋本社が位置する東京都中央区では、年に一度の夏のイベント「中央区大江戸まつり盆おどり大会」が大いなる盛り上がりを見せるイベントの一つです。中央区といえば活気のある築地や最先端の街・銀座のほかに、大江戸まつりが開催される浜町公園周辺は日本橋界隈のビジネス街と、歴史ある多くの老舗企業が集まる江戸情緒と活気の漂う場所。

  第26回 中央区大江戸まつり 盆おどり大会

第26回 中央区大江戸まつり 盆おどり大会  

開始直後の大雨もなんのその、あっという間に天候も回復し、いよいよ「十思シニアクラブ」の皆様によるべったら音頭の盆踊りが披露されました! 年の瀬に向かう活気あふれる宝田恵比寿神社前での催しをイメージした歌詞と踊りは気分をワクワクさせてくれます。
傍らでは東京新高屋の東京べったら漬を売る露天も出店され、大盛り上がりする大江戸祭りの中で、今年もべったら漬を買って帰るお客様がたくさんいらっしゃいました。

※各画像はクリックで拡大します。
特設のべったら市ブース べったら漬を求める客で賑わった べったら音頭を披露してくれた 十思シニアクラブの皆様 様々なイベントも開催 他には無い中央区ならではの催し
特設のべったら市ブース
べったら漬を求める客で賑わった
べったら音頭を披露してくれた
十思シニアクラブの皆様
様々なイベントも開催
他には無い中央区ならではの催し

迎春! 「日本橋七福神めぐり」が元旦から四日まで開催され、多くの人で賑わいました。

日本橋七福神めぐり

日本橋七福神めぐり  

年明け恒例! 七福神とべったら漬で開運、招福! 今年も日本橋界隈の七つの神社をお正月に巡拝する「日本橋 七福神めぐり」が開催されました。年々人出が増しており、スタンプラリーなどのイベントも含め、各神社は長蛇の列ができました。 日本橋三越にて手渡されるコースマップを片手に、全ての神社を2時間〜3時間ほどでまわり、最後に到達する「寶田恵比寿神社」では弊社・東京新高屋の"東京べったら漬"が皆様に振る舞われ、歩き疲れた体に歯触りの良く甘いべったら漬が皆に大人気。パリポリと音を立てて、口を合わせて「おいしい〜」と皆様にご賞味頂けました。

※各画像はクリックで拡大します。
寶田恵比寿神社前では 迎春パッケージのべったら漬も販売 ビルの1階に位置するユニークな 立地は日本橋ならでは! 年々人出も多くなり 長蛇の列が各神社で見られました

寶田恵比寿神社前では
迎春パッケージのべったら漬も販売

ビルの1階に位置するユニークな
立地は日本橋ならでは!

年々人出も多くなり
長蛇の列が各神社で見られました