東京べったら漬 :: 老舗 東京 にいたか屋がお届けする「東京べったら漬」

恒例の「目黒のさんま祭り」が今年も開催! 初めて冷凍ものでの開催!! 東京べったら漬も!!

第24回 目黒のさんま祭り

第24回 目黒のさんま祭り  

毎年恒例の「目黒のさんま祭り」が今年も開催されました。今年は秋刀魚が記録的な不漁のため24回目にして初めて冷凍ものでの開催となりました。岩手県宮古漁港で昨秋取れ、冷凍保存していた秋刀魚7000匹が無料で提供されました。徳島県神山町の「芳醇すだち」と栃木県那須塩原市高林の「大根おろし」、そして東京新高屋のべったら漬を添えて備長炭で焼き上げた旬のさんまが振る舞われます。駅前には秋刀魚を焼く香ばしい炭焼きの煙が立ち込める中、参加者は焼きたての「旬の味覚」を楽しんでいました。

今年は台風15号が接近していることで例年より早い時間から秋刀魚が配られ始められ、一時突然の豪雨に見舞われましたが、中断することなく全ての秋刀魚が提供されました。
べったら漬の歴史は古く、大伝馬町宝田恵比寿神社例祭の市に、百姓さんが飴と糀で漬けた大根を浅漬と称して売り始めたことからはじまる由緒あるもので、江戸時代中期まで遡ります。

東京新高屋は創業より90年の歴史を誇り、弊社のべったら漬は宮内庁御用として昭和天皇にも食されたお漬け物です。是非「令和」の新時代に江戸時代から親しまれる東京名物、東京べったら漬をご賞味ください。

  第24回 目黒のさんま祭り
※各画像はクリックで拡大します。
待ち時間は最大4時間
待つだけの価値はある脂の乗りきった秋刀魚 芳ばしい匂いと煙が立ちこめる中
秋刀魚を焼く網をひっくり返す 東京にいいたか屋の露店を開店
残暑厳しい中でも大繁盛!!
初めて冷凍ものでの開催
朝から多くの人たちが、秋の味覚を楽しんだ
サンマを焼く煙が立ちこめる中
サンマが一匹一匹、丁寧に焼かれている
東京新高屋のすだちべったら漬
付け合せとして美味しさを引き立てます

東京都中央区恒例の大江戸まつり盆おどり大会が今年も盛大に開催されました!!

数百人の人々が同時に踊る中央区大江戸まつり盆踊り大会!! 東京べったら漬露店も大人気!!

東京にいたか屋本社に程近い日本橋浜町公園にて、今年も中央区恒例の「大江戸まつり盆踊り大会」が開催されました。甘酒横丁をスタートした子供みこしによるオープニングパレードに始まり、江戸消防記念会の皆様による「はしご乗り」「まとい振り」は伝統を感じながら圧巻の技に驚かされました。例年通り、べったら音頭による踊りも十思シニアクラブの皆様に披露いただき、後に続く生演奏・生歌による盆踊り大会は、特設された大櫓を中心に何百人もの人が笑顔で踊る圧巻の光景でした。

  平成30年度 日本橋べったら市
平成30年度 日本橋べったら市  

各所に物産店や特設アンテナショップがひしめき合う中、盆踊り会場を囲むように、中央区の名物市コーナーとして「べったら市、歳の市、せともの市」他多く露店が並びました。東京べったら漬は地元の名産品として中央区の皆様から愛されるお漬け物の一つ。ひっきりなしに立ち寄るお客様に試食を振る舞い、露店の店主も「べったら〜べったら〜」と威勢の良いかけ声でその場を盛り上げました。
来年はいよいよ東京2020オリンピック・パラリンピックの年! 中央区名産の東京べったら漬を世界の方々にご賞味いただければと思います。

※各画像はクリックで拡大します。
生歌・生演奏による盆踊り
現場を盛り上げる歌手の皆様 江戸消防記念会の皆様による
「はしご乗り」「まとい振り」 品数豊富に取り揃え
賑わうべったら市露店
生歌・生演奏による盆踊り
現場を盛り上げる歌手の皆様
江戸消防記念会の皆様による
「はしご乗り」「まとい振り」
品数豊富に取り揃え
賑わうべったら市露店

平成最後のお正月にふさわしい晴天のなか「日本橋 初詣・七福神めぐり」が開催されました!

年始恒例の「日本橋 初詣・七福神めぐり」 寶田恵比寿神社前ではべったら漬を振る舞いました

日本橋七福神巡り   日本橋界隈を巡礼! 年始に祈願する一年の福!平成最後のお正月にふさわしく見事に晴天の続いたおだやかな年始。日本橋のお正月恒例行事「日本橋七福神巡り」が今年も開催されました。都会のど真ん中にも関わらず、ビル群の合間にこじんまりとした神社が点在する日本橋界隈、秋にべったら市が開催される宝田恵比寿神社も商売繁盛の神様として七福神巡りの一神社に数えられています。宝田恵比寿神社前ではお正月期間中お参りする人々に弊社の東京べったら漬の試食を振る舞い、特別に用意した迎春パッケージの東京べったら漬、東京ゆずべったら漬を販売させていただきました。

いつもはビジネスマンが行き交う日本橋のビジネス街もお正月となればとても静か。店先で甘酒を販売する飲食店や、七福神巡りの道案内をするボランティアの人々・・・ 穏やかな天候にも恵まれて和やかな雰囲気のなかゆっくりと神社を巡る人々・・・ 誰一人急ぐこと無くゆっくりとした時間が流れていました。最近では神社を巡りながら、各神社特色のある御朱印をいただくことも流行しており、御朱印帳を片手に七福神全ての神社を回り集め歩く人々も多くいらっしゃいました。

  宝田恵比寿神社
※各画像はクリックで拡大します。
「日本橋べったら市」と併記された特徴的な宝田恵比寿神社の御朱印 高層ビルの中でも存在感のある水天宮 迎春・東京べったら漬、東京ゆずべったら漬を販売
「日本橋べったら市」と併記された
特徴的な宝田恵比寿神社の御朱印
高層ビルの中でも
存在感のある水天宮
迎春・東京べったら漬
東京ゆずべったら漬を販売

恒例の日本橋べったら市開催! 年の瀬かの如く、賑わい盛り上がる熱い夜!

平成29年度 浅草 酉の市

東京のお祭りといえば、ずらりと並ぶ露店が江戸情緒が漂う醍醐味の一つ。冬の到来も近いと感じる「浅草・酉の市」も多くの露店で賑わう東京の秋の風物詩の一つです。毎年人通りの多い絶好の場所に店を構えるべったら漬の露店は「べったら〜べったら。新高屋のべったら〜」と一際目立つ威勢の良い声が飛び交う一角に。その声に皆振り向き、振る舞われる試食に舌鼓を打ち、新鮮な大根で作られたパリポリ食感の一本の東京べったら漬を笑顔で手にしていきます。

  平成30年度 日本橋べったら市
平成30年度 日本橋べったら市  

酉の市で最も多く人出が賑わう浅草・酉の市。日本でも珍しい、神社(鷲神社)とお寺(長國寺)が隣同士で並部場所は酉の市発祥の場とされています。商売繁盛を祈る人々がここで買うのが熊手、福をかき込むと言われる縁起物を年々大きくしていく風習があり、購入時には売り子が場を盛り上げながら手締めで商売繁盛を皆で祈ります。東京べったら漬も福を招き、福をべったりと付けると言われる縁起の良いお漬け物。食欲の秋真っ盛り。美味食材と良く合うべったら漬を是非ご賞味ください。

※各画像はクリックで拡大します。
参拝客で長蛇の列 商売繁盛・家内安全を祈願 大小と並ぶ派手な熊手がずらりと数十万から百万円!?を超える物も! 歯ごたえを楽しむ皮付きも人気
露店で買うべったらは運招きの逸品!
参拝客で長蛇の列
商売繁盛・家内安全を祈願
大小と並ぶ派手な熊手がずらりと
数十万から百万円!?を超える物も!
歯ごたえを楽しむ皮付きも人気
露店で買うべったらは運招きの逸品!

恒例の日本橋べったら市開催! 年の瀬かの如く、賑わい盛り上がる熱い夜!

平成30年度 日本橋べったら市

東京の秋の風物詩のひとつといえば「日本橋べったら市」 第十五代将軍徳川慶喜公も好んで食べたと言われるべったら漬。江戸時代から続くこのお祭りは、約500軒もの露店が軒を連ね、毎年多くの人が日本橋・大伝馬町界隈に集まりますが、今年は年の瀬のかと思うほどの混雑、露店は多くのべったら漬を買う客で賑わいました。東京にいたか屋のべったら漬は昭和天皇にも、こよなく愛された逸品。

  平成30年度 日本橋べったら市
平成30年度 日本橋べったら市  

今年のべったら市でも「新高屋のべったら漬が美味しい」と言っていただき、普段は買う機会の少ない1本のべったら漬を求めて列を作る光景が多くの露店で見られました。手間暇を惜しまず、心を込めてつくられた東京べったら漬は、これまで食通の文化人や歴史的な人物からも高く評価された東京にいたか屋の自慢のお漬け物。このお江戸日本橋のお祭りが今後も絶えること無く盛り上がり続けるよう、べったら漬の伝統の味と祭り文化をまもり続けて参ります。

※各画像はクリックで拡大します。
べったらファンの熱気で
盛り上がる露店 美しく輝くべったら漬けは
ご贈答にも喜ばれるお品です。 風情ある露店商人との心暖まる
やりとりも魅力のひとつです。
べったら漬を買う客の熱気で
盛り上がる露店
美しく輝くべったら漬は
ご贈答にも喜ばれるお品です。
風情ある露店商人との心暖まる
やりとりも魅力のひとつです。

平成22年べったら漬け関連行事

目黒のさんま祭り(平成22年9月5日) 目黒のさんま祭り(平成22年9月5日)
今では毎年秋の恒例、2万人以上の人出で賑わう行事となった東京都品川区、目黒駅周辺で開催される「目黒のさんま祭り」。毎年9月初旬、旬の秋刀魚の水揚げ後に開催されます。
>> さらに詳しく
※平成25年度の「第18回 目黒のさんままつり」は9月8日(日)開催となります!

べったら市(毎年10月19日・20日) べったら市(毎年10月19日・20日)
毎年恒例の「日本橋 べったら市」が大盛況の中、開催されました。数百軒の露店が四方八方に拡がり、べったら漬を販売する威勢の良いかけ声が、所々で響き渡りました。
>> さらに詳しく
※平成25年度の「日本橋 べったら市」は10月19日(土)、20日(日)開催となります!
酉の市(毎年11月の「酉の日」) 酉の市(毎年11月の「酉の日」)
毎年恒例の酉の市、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の鷲在山長國寺や鷲大明神社をはじめとする各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。
>> さらに詳しく

コンテンツ

東京べったら漬
  • 東京べったら漬
  • 贅沢すぎるほどたっぷり手間隙かけて作り、 食通の皆様から「これこそ正真正銘のべったら漬け」とお褒めを頂く当社自慢のお漬物です。
  • >> さらに詳しく
日本橋べったら市
  • 日本橋べったら市
  • 毎年大変な賑わいを見せる日本橋 べったら市、その歴史背景には様々な人々の努力の積み重ねもありました。
  • >> さらに詳しく
新高屋ものがたり
  • 新高屋ものがたり
  • 弊社のべったら漬け、その歴史は約80年前から・・・ 宮内庁御用の拝命からべったら市の再興など、様々な出来事をくぐり抜けてきました。
  • >> さらに詳しく
“食”流通企業として
  • “食”流通企業として
  • 東京にいたか屋が繰り広げる“食”に関する流通事業。マーケットや皆様の食卓を影で支えるのも私達の使命です。
  • >> さらに詳しく